3歳〜4歳未満の子どもの遊びをたくさんご紹介!遊んでいる時の様子は?

本ページでは、3歳~4歳未満の子どもが喜ぶ遊びをご紹介しています!ぜひ参考にしてみてくださいね!

バスタオルを使った遊び

バスタオルを使った簡単な遊びです。

バスタオルを二人で持ち、その上に風船(風船がない場合は丸めてゴムで止めたハンドタオルなどでもいいです)をのせ、せーの!で、風船を飛ばして遊ぶゲームです。

幼稚園生がよく運動会などでバルーンをつかった競技をしますが、それをイメージしたものです。

家のなかで体を動かして大盛り上がりでうちの子供は遊んでいました。子供は風船が大好きですが、バスタオルを使って、風船を飛ばすのはとても楽しそうでした。

また兄弟がいる場合は、一人はタオルの下にいても面白いです。バスタオルを動かしてパタパタと風を送ると、とても喜んでいました。また、せーのでバスタオルを離すと、バスタオルが少し飛ぶのも好きで、この遊びは本当に盛り上がります。

ピストルで戦う

パパ、ママ、息子で遊んでいます。音が鳴るピストルをみんなが持って、かくれんぼしながら撃ち合って遊びます。親は、撃たれたら倒れてあげるととても喜びます。

1人では怖いらしく、いつもパパかママと組んで遊びます。

物に隠れながら撃ち合うことで、ドキドキ感が味わえるようです。

親は少々飽きますが何度でもやりたがります。

暗くして遊ぶと、更に盛り上がります。1人が敵になって、2人は懐中電灯を持ちながら敵を探して撃ちます。

この時も、必ず息子はペアになります。やはり1人では怖いようです。色んな場所に隠れながら、移動しながらやると、驚きが興奮に変わって夢中になって遊びます。

ピストルを見るたびにやろうやろうと誘われますが、結構疲れます。単純な遊びですが、何よりこの遊びがとてもたのしいようです。

ボウリング

親子で楽しめる遊びということで、我が家は男の子でとても負けず嫌いな子です。特にパパにはなんでも負けたくないようです。

そのため、我が家は親もガチンコで勝負するような簡単なゲームを、本気でやります。ゲームの内容は簡単で、所謂ボウリングです。まずはペットボトル(安定感のあるもの)を10本準備し、親子でピンを作るところから始めます。

作りながらボウリングの説明をしたり、YouTubeで動画を見せながら、これをどのように使うのかなんとなく理解させます。自分の好きな色や絵を描いていくことで、その作業自体がとても楽しいようです。

実際にボウリング対決をするときは、いくつ残っているのか一緒に数えます。まだ数は数えられませんが。

みんなで声を揃えて数えるだけでニコニコしています。我が家的ポイントは、親も本気で喜んだり悔しがったりする姿を見せることで、より子供も感情を出してくれるような気がします。

お菓子発見ゲーム

親子で遊べる内容は、あまり行儀は良くないかもしれませんが、お菓子を隠して見つけたら一個食べると言ったゲームとなります。

まずジャンケンして隠す方、探す方を決めて探す方が見つけた場合にお互い1個ずつお菓子を分け合い食べ張るといった流れになります。

この遊びでルールを学べる事が出来るし尚且つお菓子が子供は好きなので、前向きに目標に向かって頑張れると思います。見つけた後のご褒美があるので、達成感も味わえると思います。

子供はまだジャンケンすらわからなかったのですが2ヶ月くらいでルールが分かり、尚且つお菓子の時間になると自分から隠して探してー。

などと言ったりして楽しそうです。見つからない時は一緒に探したりなどして親子共に楽しい時間を過ごせると思います。

LEGOブロック

うちの家庭でよくする遊びはLEGOブロックです。

子供はオリジナルで車や家などを作り楽しんでいます。

はじめは単純に積み上げる程度でしたが、予想以上に子供の発想力がすごく、幼稚園を作ったり車を作ったり、何か仕掛けのついたロボットのような物を作って嬉しそうに見せてくれます。

車1つにしても、ちゃんと扉の開閉がついていたり窓がついていたりと、子供なりにこだわって作っているので驚かされます。

大人はYouTubeやインターネットで調べてハイレベルな家や貯金箱などを作って夢中で遊んでいます。

大人も子供も奥の深さに魅了されとても楽しめます。

また、LEGOで何かを作っている最中は大人しく集中力が高まっているように感じるので、教育にもいいかなと思ってます。

集中力と感性を豊かにするLEGOブロックは飽きずに長く遊べるので重宝しています。

クッキー生地を使ったねんど遊び

家でねんどのかわりにいつもクッキー生地を用事しています。

クッキー生地は冷やして型を抜くのが通常ですが、少し水分を減らしておけば常温でも型抜きできます。

また、子供の体温では柔らかくなりやすいですが堅めになっているので子供でも簡単に型抜きできます。ねんどのかわりにこねて貰ったり、抹茶やチョコで色を変えたりするととても楽しそうです。

型抜きは動物の型を用意しています。好きなだけこねて貰った後に型抜きし、チョコチップで動物たちの目を作っていきます。

ウサギには目が2つ、横向きのアヒルの型は目が1つとか、くまさんの目はどこかな、と問いかけながらやりとりする事で遊びながら学ぶ事もできます。

クッキー作りをするようになってから絵も上達しました。焼けてる様子も何度も確認したり、自分で作った物をお客様に得意げに振る舞う様子も可愛いです。

風船遊び

私が紹介するのは、ふうせん遊びです。

誰もが遊んだことがあると思いますが、様々な遊びができます。

まずは膨らませるところから遊びを始めます。

3?4歳くらいの子は自分でやりたい欲が強いのでふくらますことができなくてもやらせてあげて一緒に楽しみます。

親さんが少し空気をいれたらそのまま手から離して風船を飛ばします。

その時の音もすごく面白いようでキャッキャして楽しんでくれます!

大きく膨らませて結んだあとはキャッチボールのように風船を飛ばして遊びます。

ボールよりゆっくりと落ちるので小さい子でもキャッチしやすく一生懸命取ろうとしてくれます。

手で投げるほかに足で蹴っても楽しむことができます。

男の子は蹴る方が好きかもしれません。

風船は100円ショップでも色とりどりのカラーがたくさん入って売っていることが多いので割れてしまってもたくさん予備はありますし、何色かを膨らませてみても色と共に楽しめると思います。

風船バレー

親子で楽しめて、うちの娘も喜んで遊んでいるのは風船バレーです。

この遊びは家の中で風船を使って座りながらバレーボールのように風船を落とさないように手でトスをしたり上にあげるといった遊びです。

娘はまだなかなか上手く風船を上げることが出来ないのですが、母親と父親のラリーの時に風船を目でおいながらケラケラと笑ったり、たまに風船をぶつけるととても喜びます。

また、たまに自分で風船を上手に上げれた時もとてもうれしそうにしますし、たまにアタックのようにして風船をぶつけてくるのですが、父親の頭に当たった時はめちゃくちゃ楽しそうに笑います。

この遊びがとても気に入っているのか、すぐに風船を持ってきて、やろうやろうとせがんできます。

Follow me!